医療法人札幌太田病院創立62周年記念特集 山口喜一関連文集
夏枯草 医療法人札幌太田病院創立62周年記念特集山口喜一関連文集
夏枯草
HOME 山口喜一本人の筆跡 関連文集 プロフィール
    山口喜一本人の筆跡
■1929年12月25日発行 「山口寿一(子息)追悼文集 夏枯草」より
山口寿一(息子)追悼文集 夏枯草(刊行にあたって) 内容を見る
山口喜一が「夏枯草」の刊行にあたって、寿一への思いを述べています。
■1957年6月5日発行「老新聞人の思い出」より
夏枯草 内容を見る
山口喜一が長男の寿一をガンによって奪われるまでの経緯、当時のガンに対する認識、それによって対がん協会を設立するまでが記されています。
■1957年6月5日発行「老新聞人の思い出」より
囲碁清談 内容を見る
山口喜一が生涯の趣味としていた囲碁についてのエピソードと、新聞を通して棋道を奨励し、北海道での発展に大きな役割を果たした経緯が載せられています。
■1964年2月1日発行 「北海道回想録」より
新聞生活半世紀 内容を見る
山口喜一の半世紀に及ぶ新聞人としての歴史と共に、その当時の北海道の様子などを知る事ができます。
■「短歌紀元社 創刊30周年記念合同歌集」より
原子の世界「宇宙と人間」 内容を見る
「宇宙と人間 創刊30周年記念 原始の世界」に掲載されている山口喜一の短歌を何首か紹介しています。
前のページへ戻る
山口喜一の書籍
「夏枯草」
 子息山口寿一が亡くなった後に出された、潔く晩春の頃、夏枯草の白い花のように枯れて行った故人の追憶集です。
発行:1929年12月25日
著者:山口喜一


「老新聞人の思い出」
 新聞人としてその生涯を新聞にかけた山口喜一が、そのきっかけから特に思い出の深かった出来事や人物について述べている一冊です。
発行:1957年6月5日
著者:山口喜一


本ホームページは山口喜一(1881-1969)が残した文献や関連文集の内容を掲載しているため、記載されている情報は当時のものです。
ページの上へ
本ホームページは、当時出版した書籍を紙が劣化する前にできるだけデジタルデータ化すること。
また多くの方へ、当時の状況を参考としてご覧いただける事を目的として製作いたしました。
また、当サイト内では敬称を省略しております。
  HOME | 山口喜一本人の筆跡 | 関連文集 | 山口喜一のプロフィール | 運営事務局
 
夏枯草